行動指針

[ 行動指針 : PDSA ]

PDCAは、PLAN(計画)→DO(実行)

→CHECK(評価)→ACT(改善)の4ステップを表わす。

 

それを進化させたのがPDSAである。

 

「S」とは、「STUDY 研究」の「S」。

「評価」よりさらに進んで深く「研究」することが必要ということだ。

 

環境の変化の激しい時代に、組織は常に「学習する組織」であることを要求されている。

計画(PLAN)の元となった基準や前提さえも検証しなければならない。

 

「CHECK」から「STUDY」へ。

 

新しい時代の「学習し、進化する組織」には、「PDCA」ではなく、

「PDSAサイクル」を回していくことが相応しい。